fbpx
金属加工、プレス加工、ブラケット製作、試作品から少量品、量産でも金属加工のことなら豊川市の加藤数物まで

技術手帖

  • HOME »
  • 技術手帖

加藤数物の加工技術に関する情報及び説明を集約しました。

加工できる数量は
プレス加工では一般的に数量が多いものを受注し加工しています。
自動車部品では何千、何万個を1か月で制作していますが別の業界では数個のオーダーになることもあります。製品によって1個でもプレス加工で対応する場合があります。
試作方法
製品形状、数量などにより加工方法を選定します。短納期で対応が求められることが多く加工方法もそれに応じたやり方になります。試作であればできるだけ簡易的な形状、公差にすることで短納期、コストを下げることができます。
単発加工、順送加工の違い
単発加工は単発金型を用いて加工する方法です。製品の形状などにより1工程でできるものから複数工程を経て完成するものまで様々です。比較的数量が少ない製品に用いられることが多いです。

順送加工は順送金型を用いて加工する方法です。ひとつの金型に複数工程配置されており複雑な形状にも対応できる加工方法です。数量が多いものに用いられることが多いです。

ブラケットとは
ブラケットは補助金具、サポート金具、ステーなどに使われている名称です。

加藤数物では5000件以上の実績があります。

プレス加工と板金加工の違い
プレス加工は量産、高精度の加工が必要な場合に用いられることが多いです。繰り返しの作業に適しています。

板金加工は既存の金型を用いたりレーザー加工で対応し短納期で加工することが得意な加工です。
繰り返し精度はプレス加工のほうが適していますが、板金のほうが少量で対応することができます。

加藤数物では両方のいいとろを活用して製品制作取り組んでいます。

プレス加工の得意不得意
プレス加工は金型を使い加工していきますので製品を高精度に大量に作ることができます。少量品の場合、金型費が割高になることが考えられます。
金型を用いて加工しますので金型を製作する期間とコストが掛かってしまいます。
プレス加工の普通寸法公差
打抜き
基準寸法の区分 寸法許容差
等級
PTA PTB PTC
※6 を超え ±0.05 ±0.1 ±0.3
6 を超え 30 以下 ±0.1 ±0.2 ±0.5
30 を超え 120 以下 ±0.15 ±0.3 ±0.8
120 を超え 400 以下 ±0.2 ±0.5 ±1.2
400 を超え 1000 以下 ±0.3 ±0.8 ±2
1000 を超え 2000 以下 ±0.5 ±1.2 ±3
穴直径
基準寸法の区分 寸法許容差
等級
PTA PTB PTC
※3 以上 6 以下 (+)0.15 (+)0.3 (+)0.5
0 0 0
6 を超え 30 以下 (+)0.3 (+)0.5 (+)0.7
0 0 0
曲げ
基準寸法の区分 寸法許容差
等級
PTA PTB PTC
※6 を超え ±0.1 ±0.3 ±0.5
6 を超え 30 以下 ±0.2 ±0.5 ±1
30 を超え 120 以下 ±0.3 ±0.8 ±1.5
120 を超え 400 以下 ±0.5 ±1.2 ±2.5
400 を超え 1000 以下 ±0.8 ±2 ±4
1000 を超え 2000 以下 ±1.2 ±3 ±6

お気軽にお問い合わせください TEL 0533-93-2048 受付時間 8:00 - 17:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 株式会社 加藤数物 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & フォグフラッグカスタム by FogFlag LLC.