1月29日(水)東日新聞3面にhitode bracket記事掲載

楽しさ無限大の幾何学ドーム

加藤数物が体験事業を続けてきた中で感じた「ものづくりとひとづくり」それをもっと身近に体験できるツールとして、人が集いつながる場づくりを願い商品化したhitode bracket。

この度、2020年1月29日(水)発行の東日新聞の紙面で記事に取り上げていただきました。

製品の開発の経緯などお話しした内容が記事になっていますので、多くの方に読んで頂けたら幸いです。

hitode bracket

昨年11月7日にリリースした自社製品「hitode bracket」は、半球型のドームを設営するための金具です。

2種類の金具を26個使い、木材と繋げていくことで簡単に設営できます。

このドームに人が集まり、皆が楽しい時間を過ごす場となっていきます。

詳しくはhitodeサイトをご覧ください →<hitode-bracket.cm

 

株式会社 加藤数物