関連用語集

プレス機械

この記事ではプレス部品の見積から納品までの流れを説明します。

 

■目次

  1. プレス部品製造依頼の流れ

製造の流れ

Step 1 =ご依頼


お電話・メール・FAXにてお問合せください。図面がある場合前もって送っていただけるとスムーズです。図面が無い場合ポンチ絵などを送付ください。図面のデータ形式はdxf,dwg,step,igesでお願いします。その他データについてもお問合せください。

Step 2 =製品検討


頂いた案件を品質面、製造面で可能か、どのような工法・手順が良いかご要望に沿って、作図、加工検討いたします。作図は主に3DCADで制作をし内容によってシュミレーションソフトなども活用します。

Step 3 =お見積


材料の歩留まり、コスト低減の検討や短納期対応も提案いたします。材料変更や形状変更などのご提案の実績もあります。

Step 4 =金型製作


ご依頼の数量、形状、品質などにより量産型製作だけでなく簡易金型の制作やダイレスも可能です。移管金型の場合金型の詳細図等を頂き改造、修正加工をします。

Step 5 =試作


必要に応じて形状検討、量産前試作を行います。制作前に試作する場合もあります。加工前の試作の場合形状が成り立つか検証を目的に行います。

試作についてはこちら

Step 6 =量産


納品時には工程能力を指示数量検査します。検査標準作成や必要な検査工程に合わせて検査具なども手配します。

Step 7 =品質保証


完成品が品質基準を満たしているか検査標準をもとにチェックします。量産時は抜取り検査を行います。

各お客様の品質基準の要求に対応するため、3D画像測定器など機材を設備し、厳しい目で品質チェックを行っています。

Step 8 =出荷


指定箱や梱包材を使い包装します。
丁寧に梱包し、お届けします。製品は先入先出対応をしています。

プレス加工でお悩みなら

品質の問題や生産ラインの問題。仕入先の突然の廃業など、プレス加工の試作から量産まで加藤数物がお悩みを解決します。

プレス加工 試作・量産 株式会社加藤数物
下記よりお気軽にお問い合わせください。