プレス加工で試作はどんな手法や工程があるか一部を紹介する。

 

プレス加工の試作とは?

様々な部品製造をするにあたって試作は量産化、開発を検討する重要な工程になる。

(1)量産を目的に検討

プレス加工は主に量産を目的に検討される工法で金型製造時には安定した品質を実現しなければならない。その為に設計段階で量産時の加工性やコスト、納期などを実現できるかを検証することが必要である。プレス加工の試作では主にこの量産化を目指した試作を検討することが多い。

(2)新商品のプロトタイプ

また上記とは別に必要な形状やコストに応じた製造工程を検討し新商品のプロトタイプを製造する試作加工もある。この場合は量産時の安定した品質を目指した金型や工程より様々な工法を使い目指す形状を製造する。プレス加工の特長だけでなく、他の加工法の特長も生かし検討していく。

プレス加工の試作工程

プレス加工の試作工程は上記の2つの目的によって試作工程が変わる。
加工時の変形(スプリングバック)などを量産前にどこまで顕在化できるかは過去の経験と試作をすることによって検証していく。その為選定材料の検討、加工手順の検討、簡易型などを製造しトライなど製品に合わせた試作工程の手順をとる。

またプロトタイプの試作工程はプレス加工だけでなく、その他加工も組合わせ検討する。
プレス加工工程は量産を目的とした工法であるから安定的な品質を出せる反面、コスト、納期を重視する場合には条件を満たすことができない場合がある。
製品の条件に合わせ工程を検討する必要がある。

 

試作の注意点

プレス加工では必ず金型を必要とするので初期投資が必ずかかる。試作をする場合も同様で、量産時と同じスペックで製造するとコスト、納期がかかり全体の開発に影響を及ぼす。

量産時に安定した品質を維持し、なおかつコストを下げるのは量産時を見据えた工法で試作をおこなう必要がある。量産と試作の狙いを理解しポイントを押えることで、試作時のコスト低減や量産時の初期投資、納期を短縮することができる。

場合によっては試作を取りやめることも可能になる。

試作時は上記の違いを理解し進めることが必要になる。

 

プレス加工 試作・量産 株式会社加藤数物

下記よりお気軽にお問い合わせください。